大人の美容液

美容液の力を信じる

早い人で30代半ばあたりから徐々に年齢肌を感じてくるのではないのでしょうか。その10年後の40代半ばにもなれば、年々、日々の肌の変化を感じない日はなくなります。

肌のハリやシワはマッサージや顔のエクササイズだけでの改善は見込めません。それ以前に食生活、マインド、使う化粧品がかなり重要であります。

美容液は必需品

なかでも使う美容液選びはしっかりおこなった方がよいといえます。美容液は肌の栄養ドリンクのようなものです。
効果のないものを使い続けても意味ありません。
年齢肌や自分の目的にあった効果のものを使うことで肌への効果が変わってきます。
MQ1はまさに大人の女性が使うべき美容液といえます。
真珠エキスの効果はアンチエイジングに高い効果を発揮します。またヒアルロン酸は原液を使っていますので、衰えてきた肌に高い潤いとモッチリした弾力を与えてくれます。
そのほかにも海の恵みを成分とした自然のものを中心につくられています。

肌トラブルは乾燥やホルモンバランス、生活の乱れから引き起こされます。まずは肌を乾燥させないことが大切です。

ヒアルロン酸原液入りの美容液を使っていれば乾燥に悩むことはあまりなくなります。アトピーや敏感肌にやさしい成分です。水分で潤うとキメは整い肌はふっくらとハリ感と弾力を取り戻してきます。弾力のある肌は見た目でもなんとなくわかってしまうものです。ハリが感じられるようになると、ほうれい線が気にならなくなってきますし、シワも同様に目立たなくなってきます。
見た目年齢が気になりだしたら、化粧品を見直して、自分に合うものをみつけてみてください。
MQ1は真珠とヒアルロン酸の力を引き出した大人のための美容液です。毎日のケアで若々しい肌を取り戻しましょう。

真珠肌エッセンスMQ1美容液
>>おすすめはこちらです

 

 

真珠美容液にヒアルロン酸

ヒアルロン酸は大切

MQ1に含まれているヒアルロン酸ですが、美肌づくりにかかせない美容成分でもありますが、とにかく体には必要不可欠な大切な成分であります。

何はともあれヒアルロン酸の一番大きい持ち味はその水分保持力であります。水分で満たされたヒアルロン酸の粘性により保護されているのは利点は多くあります。お肌がその一つであり、潤いがなくなったお肌は免疫性が減退、デリケートな状態になってします。お肌のほかにも、目の水分をキープしておりますのは目球に残存するヒアルロン酸の作用です。この他にヒアルロン酸は骨と骨の接触を防止し、関節の曲げ伸ばしが無理なくできるようにします。
身体全体にてヒアルロン酸はうるおい感をキープし、管理する役回りをしています。

 

保水能力を活かしたヒアルロン酸応用

ヒアルロン酸のおかげでいちばん効果がよく知られているのは、きれいな肌への効果かと思います。お肌にうるおい感を沢山プラスし、はりと弾力性を引き立てるというのは知られています。その保水能力に意識して、ヒアルロン酸を配合した化粧水や美容液、サプリなどもも多く売られています。ビューティー医療業界では、ヒアルロン酸をお肌に注射することによってシワ、たるみなどを目につかなくする治療に使われています。その他では、ヒアルロン酸を足すということからのケア成果は必要とされており、関節炎のケア、口腔粘膜の炎症のケア、白内障施術の際にも補助剤というのに扱われています。

 

生理痛、更年期障害なども楽にする

ヒアルロン酸は、卵巣でも多くの卵子を包む膜としてあります。このような膜により卵子が卵管に放出が容易になり、通常通りの生理周期を促進させます。ヒアルロン酸が含まれた膜の多くないと、生理不順といった生理痛が起きやすいものです。生理の周期が正常になることで、ホルモンのバランスは整うので生理時や更年期のストレスを軽くする効き目が知れ渡っています。また不妊症の好転にも効き目が望まれています。

動脈硬化の予防

今、メタボという呼び方がすっかり定着してきました。分かりやすく言うと内臓の脂肪の蓄積が理由で生じる代謝サイクルが悪いことをいいます。自分で気付く症状がないまま悪化するため、動脈硬化や糖尿病などが気付かないうちに発症しているという怖さがあります。動脈硬化は血管にたいして圧が強くかかっていることによって動脈壁が固まっていく病気です。そういうことから、心筋梗塞や脳梗塞といった危険な疾病の原因となる可能性がとても高くなります。ヒアルロン酸は血管にたいしても良い働きをします。その働きとは血管が硬くなることが防止できる効果があると期待できます。

魅了されてきた真珠

大昔から

「真珠」は、5000年の大昔から愛されてきました。
ある一部の記録では、紀元前2206年中国にて、淡水真珠が貢ぎ物として献上されていたと記されているらしいです。そしてエジプトカイロミュージアムには「スーサの遺跡」から発見された真珠の首飾りが、世界で最古の真珠アクセサリーとして展示されています。古代ヘブライの文献で有名なのは「旧約聖書」にも、古代のローマやギリシャの時代から、ヨーロッパでも真珠が愛されていた内容が残っているなど、真珠に関する話はとても数え切れません。

最古の宝石が真珠である背景としては、私たちの人類にとって貝が欠かせない食料であったという面も判明していました。貝を食べてみようという食欲からも偶然に導かれていった貝から真珠との運命的な出会い、真珠となる偶然の産物に偶然に出会ってから、その偶然な産物が数千年もの大昔の人達の美の意識によって、今日の時点での我々に「真珠」の存在価値を伝え続けてこられてきたというのは、とても妙な不思議な感覚を覚えますね。神話時代からの人々のシンボルとしてどの時勢にも、地球上の人のを虜にしつづけきたシンボルであるのが「真珠」といえるのではないのでしょか。まさにそれは人の本能が感じて求める「幸せ」の証ではないのでしょうか。冠婚葬祭時に真珠のネックレスやイヤリングなどが使用されているのがその証にもなりますよね。現代の皇族達も身につけています。成人した女性は公の場に出る時に首元には高級な輝きを放っている真珠のネックレスをまとっています。
真珠は人を選ばないような気もします。どの女性の肌にも似合う宝飾なのではないでしょうか。
たとえ一粒のネックレスでも品があるアクセサリーになってしまいます。
真珠の魅力は、語りつくせないものがあります。

 

体の中から

サプリも利用するといい

真珠は、美容液としてエイジングケアをするだけではありません。
サプリメントとして体の中から丈夫にキレイにする作用もあります。
次のような症状にも効果があります。

・骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は、カルシウムが血液中から不足して、骨からカルシウムが溶け出てしまうと起きます。真珠に配合されているカルシウムは、食品に含まれているカルシウムよりも体内に吸収しやすいという特性があります。
ダイエットは、カルシウム不足になると失敗します。血液内のカルシウムが不足して、脂肪細胞が脂肪を蓄えを開始してしまうからです。
食事制限ダイエットで失敗するのが、ほとんどがカルシウム不足から起きるものと言われているそうです。

真珠に含まれているコラーゲンや光沢成分コンキオリンが、体の中から肌をイキイキとさせます。
真珠のコンキリオンと、カルシウムをそのまま吸収しやすく微粒子にしたものがサプリとなっているものもあります。
高い抗酸化作用で美白に導くだけでなく、カルシウムも摂取でき、ホルモンバランスを整えます
真珠には海洋真珠と淡水真珠があり、コンキリオン含有量がより多いのは淡水真珠の方らしいです。

真珠は美容液として利用するだけでなく、サプリメントで体のなかからキレイにすることもできる成分なのですね。
体の外側や内側からも美を追求することができる素晴らしい海の贈り物といえるでしょう。
多くの人は、宝飾としての真珠しか知らないかもしれませんが、真珠は美容や健康といった真の美しさを実現できるものであり、もちろん女性の美しさを際立たせる気品あるアクセサリーとして女性が一度は手にしたいものであります。
また、ダイエットすることが必要な時は、ぜひともサプリで摂取するべきものであることがわかりました。

 

エイジング

「アンチエイジング」

「アンチエイジング」とは、どういうことなんでしょう。
「老化対策」「老化防止」「年齢対策」ですよね。
人は生存している以上、おのずと歳をとってエイジング(老化)していくはもちろんですが、この動きを確実にストップすることは出来ません。なので「アンチエイジング」=「若返り」と思い違いしないようにしなくてはいけません。
アンチエイジングは、あくまで加齢のスピードを「ゆっくり」にすることなのです。アンチエイジングをすることによって、老化によるいろいろな不安や問題を少なくして、より充足された人生にすることはできるといえるでしょう。

①若々しい健康を保つ
「年齢を重ねてもキレイに見られたい」と思うのは、誰にでもあある気持ちです。アンチエイジングをするということから、実際の年齢に比べてフレッシュに、活気のある姿をキープすることができるでしょう。

②病気しらずで長生き
命数とは「人が亡くなるまでの期間」になりますが健康の寿命というは「人が健康に生活できる期間」です。いかに命数を先に延ばすことができたとしても、健康でない事には充足された生活を送っていくのが困難になってしまうわけです。
アンチエイジングで退化を抑止するということから、自ずとそれが病気の防止に繋がり、元気に満ちた生活を送ることができる歳月(健康の寿命)を引き延ばすことができるのです。

③周囲への負担を軽減
美の意味合いでよく用いられるアンチエイジングですが、健康の寿命を引き延ばすため、やがてはファミリーだったり、そばの人達の介護や負担を軽くすることもできます。

④美肌といった美容効果
アンチエイジングによって、肌の衰えの速度を遅らせ美しい肌作用を手に入れることも可能です。アンチエイジングなら「元気なままでいる」という場合のみならず、「魅力を元に戻す」という意味もあるのです。特に美容産業においてのアンチエイジングは、自己処理だけじゃ満たしてきれない抜本的な処理をしていただくことができて美しさをより復元することが叶うことでしょう。

クレオパトラ

クレオパトラについてのこんな話を見つけました。
若返りや美容のために真珠をすり潰して飲んでいたと思っていましたが、実はこんな伝説のような話があるようです。
クレオパトラは真珠やエメラルドを大事にし、いつも着用したということが有名らしく、エメラルドを粉にしてまぶた回りのメイクにも活用していたのだそうです。エメラルドのみならず、真珠の耳アクセサリーも身につけていました。


当時、ローマ軍のアントニウスがエジプト訪問していた時、ローマ人達が毎晩毎晩と豪勢な宴席をもうけて贅沢を極め連日を満喫していたそうです。その贅沢三昧ぶりをみたクレオパトラは、おそらくエジプト女王としてローマ軍にひけをとってはならないという女王としてのプライドがあったことでしょう。その程度なんて贅沢ではないと言い放ち一晩の宴の豪華さをアントニウスに挑戦してみせます。アントニウスはそういったことは実現不可能だろうと賭けを受けました。
翌晩、クレオパトラがとり行った宴は、豪勢なものでしたがアントニウス達から見たら劣るものでした。アントニウスは、この賭にたいして負けを認めるように言います。
クレオパトラは侍女に小さな杯を持たせ、自分の耳の真珠を杯の中に入れます。真珠は杯にあった酢に溶けてしまいました。高価な真珠ひとつで国も買えたかもしれません。クレオパトラは真珠を溶かすと、それをあっさりと飲み干したのです。ぼう然としたアントニウスを横目にもう一方の真珠を耳から外したところで、ローマ人の別の将軍が止めに入り、アントニウスの負けを発表したのです。ローマ人は賭けの時に残された一方の真珠をローマ持ち戻って真珠を2つにしてパンテオン神殿のビーナス像の耳を飾ったと言われています。

クレオパトラが真珠を酢に溶かして飲みほしたと伝えられていますが、果して真珠は酢に溶けるというのでしょうか?
貝が作った有機物である真珠は、実際には酢に弱くて傷つきやすい物質ではありますが、真珠を普通の酢に浸しても溶け出すことはありません。酸が10度以上もなければ真珠は溶けだしません。ふつうの酢の酸は3~5%でクレオパトラの時代にあった強い酸であるワインビネガーだとしても7%くらいしかないと思われますから、仮に相当強い酢を利用して溶かしたとしても、それを飲み干すのは無理だったのではないかと思いすね。もしかしたらそれをワインや水で薄めて呑んだのかも知れませんが、溶けずとも酢の中に真珠を放り入れてしまった様子が劇的な話として語り継がれているのかもしれません。

成分について②

成分その②

年齢とともに減少する細胞再生因子EGFと細胞の再生の能力がみるみる遅くなり、新陳代謝の衰え、シワが生まれる原因になります。その細胞再生因子EGFと同じような働きをするといわれているのがプロテオグリカンなのです。
真珠肌エキス美容液に使用されている成分は、サケの鼻の軟骨から採取された天然由来の成分であり安全です。

ビサボロールとは医療用に使用されているカモミール主成分であり何百年にもわたり伝統医学で用いられてこられました。
お肌を外敵のストレスから日々守って癒す作用もあり、皮膚の治癒を早めさせる天然由来の活性成分でもあります。
抗潰瘍の作用、静菌の作用や抗炎、鎮痙といった作用があり、敏感肌やトラブル肌の化粧品に使われており信頼性がある成分といえます。

抗酸化作用、イソフラボンもあり海藻由来の非常に優れた保湿効果。
皮膚に弾力を与えるエラスチンやコラーゲンの生成を促進し、皮膚のターンオーバー(細胞の代謝)を正常な働き促し早める効果があるので、ニキビの痕やシワ・ハリなど年齢肌に起こる肌トラブルに有効的と言えるでしょう。海藻からは保湿の成分であるアルゲエキスという海藻エキスが抽出され配合。

美容の成分として外せない肌の弾力のもとであるコラーゲン。通常、コラーゲンは20代前半を境に生成の能力がどんどんと減少していき、肌の内部には古いコラーゲンが増えていき、弾力を司っている良質で正常な働きのコラーゲンは減少していきます。30~40代でだんだんと肌の衰えであるシワ、たるみなどが出てくるといわれています。

よくヒアルロン酸入りの美容液や化粧品はたくさんありますが、濃度がどの程度なのか明記された美容液や化粧品はほとんど見かけませんよね。
良い成分を入れていても、肌に対するその効果があらわれるとされる濃度を配合していないと目にみえる効果や満足のいく状態はできません。MQ1は、配合されている美容成分の濃度が効果を出す分量をおしみなく配合されています。
エイジングケアで満足の効果を実現するためには、偽りやごまかしができませんよね。

成分について①

成分その①

酵母由来のグリコサミノグリカンとは、まるで美顔器のように美容の成分を各層奥の奥まで浸透させる働きをする成分です。
このエキスは保湿成分であり潤いをつくりながらも他の美容の成分も一緒に肌の奥へ奥へ浸透させる働きを持ち合わせる新しい成分なのです。体内で水分の多い場所に多くある「保水力」に効果を発揮までする成分です。皮膚の構造は表面から表皮・真皮・皮下細胞といった順番につくられていますが、一番真皮にヒアルロン酸がたくさん含まれているのです。
加齢とともに真皮のヒアルロン酸はどんどん減っていき、肌の水分力が保つことができなくなると、しシワやタルミ、乾燥の原因となります。よくある美容整形で、シワ・タルミに対してヒアルロン酸の注射が使用されているのはこのためになんですね。

真珠貝のパール層に含まれているコンキオリンというとても優れている保湿の成分。
コンキオリンには、保湿の成分だけではなくて細胞の賦活もあるといわれてます。細胞の賦活とは、肌本来が活性化する補助をすることです。

外から入れ与えるだけではなくて、肌本来の力を保つケアに必要な成分です。美容の効果があるといわれている「プラセンタ」と同じ成分があるサーモンオバリーペプチドは、人の肌の衰えともに関係がある「活性酸素」を除去する働きがあるとされています。

サーモンから摂取されるこの成分は美容業界でも大変注目のもので、大変画期的な成分ということで特許がとられているようです。フラボノイド、グリチルリチンやグラブリジン等を含んでおり、甘草の根っこからも油溶性の成分を抽出できたものです。
抗炎症の作用、抗アレルギーや保湿の効果もあるようです。強力なメラニン生成を抑制するはたらきをもする成分です。

 

美容液

MQ1の効果やデメリット・メリット

真珠肌(まだまはだ)MQ1購入する時のデメリットやメリットにはどんなものがあるのでしょう。
効果についてはどのようなデメリットやメリットがあるのでしょうか?
購入する際のデメリットやメリットとは?
デメリットは、
・3回以上の受取りが約束となっている 。
・単品は通常価格で高い。
・返金保証がない。

メリットは、
・定期購入にすると割引価格になってとてもお得になる。
・送料無料で購入できる。
・購入回数に応じて嬉しいプレゼントがもらえる。

送料が無料になるというのは非常に大きなメリットとなります。ただし定期購入は3回以上の受取りがお約束が原則となっていますし、返金保証制度はありませんから、成分など口コミ評判等をしっかり確認してから購入することをおすすめさせていただきます。

美容液の効果についてもデメリットやメリットもあります。
メリットは、
・からだ
にも使うことことができます。
・手の甲などに時々つけてみるのもいいですよ。
・かなりキメが整いふっくらしますよ。
肌にしっかりと潤いを与えて美肌を保ってくれて衰えを防止して若々しい見た目年齢が若い肌に。

デメリットは、
・効果に個人差が生じてしまう。
・肌にあわないなどアレルギーをおこしてしまう場合があるかもしれない。
効果にたいして個人差が出てしまうのは仕方ないかもしれません。肌と成分の相性というものがありますのでそこで効果として差がてきてしまうのでしょう。海の成分でつくられた美容液なので、アレルギーが出てしまう方もいるかもしれません。真珠肌(まだまはだ)MQ1を使ってほとんどの人が良かったという口コミ評価が大変多い美容液のようですすら試してみる価値はありそうです。